新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。

今回は「バガボンド 29巻」の感想をお送りします。
ネタバレしていますのでご注意を。

出版社講談社
シリーズ名モーニングKC
著者井上 雄彦
発売日2008/11/28

【原作:吉川英治「宮本武蔵」】


脳内ゲストは城太郎さんです。


 城太郎(じょうたろう)

 主人公宮本武蔵の弟子を名乗る少年。

 (C)2008 I.T.Planning,Inc./Eimei Yoshikawa





やまだ:よろしくお願いします。

城太郎:うん・・・・

やまだ:元気がありませんね?

城太郎:だって・・・・お師匠はもう剣をさ・・・・

やまだ:確かに以前同様の剣は振るえなくなったのかもしれませんが、内面は随分と強くなられた様に
     見受けられますよ?
     これまでは強いながらも常に死の影が付き纏って見えましたが、今の武蔵さんは
     何が起ころうとも死ぬ様には思えません。

城太郎:何でだよ。
     今の戦えないお師匠が、今ままでで一番ピンチだよっ!


やまだ:その筈なのですがね。
     では今回はこの辺でお開きとさせて頂きます。
     ご清聴ありがとうございました。




バガボンド 29 (29) (モーニングKC)バガボンド 29 (29) (モーニングKC)
井上 雄彦

講談社 2008-11-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る

井上雄彦作品(コミックス)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/891-4ea797ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。