新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご来訪誠にありがとうございます、管理人のやまだです。

今回は「バガボンド 27巻」の感想をお送りします。
ネタバレしていますのでご注意を。

出版社講談社
シリーズ名モーニングKC
著者井上 雄彦
発売日2007/11/29

【原作:吉川英治「宮本武蔵」】


脳内ゲストは朱美さんです。


 朱美(あけみ)

 本作の登場キャラ。
 お甲の娘。
 京で母の稼業を手伝うようになってからは客である吉岡清十郎に気を惹かれつつあったが、
 恋仲ではない。

 (C)2007 I.T.Planning,Inc./Eimei Yoshikawa





やまだ:よろしくお願いします。

朱美:ん・・・・

やまだ:「ぬた。ぬたあん。」
     人を切り殺す瞬間に発するには余りにも間の抜けた、怒声とは程遠い音を発しながら
     只管斬り続ける武蔵さんが、無敵に見えました。
     重厚な静けさとでも言いましょうか。

朱美:・・・・・・・・・・・・・・・・・

やまだ:また新たな境地に達した様ですね。

朱美:だから・・・・死んじゃえばよかったのに。

やまだ:では今回はこの辺でお開きとさせて頂きます。
     ご清聴ありがとうございました。




バガボンド 27 (27) (モーニングKC)バガボンド 27 (27) (モーニングKC)
井上 雄彦 吉川 英治

講談社 2007-11-29

Amazonで詳しく見る

井上雄彦作品(コミックス)

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/743-2e2a7d2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。