新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます、管理人のやまだです。

今回は「あひるの空 12巻」のやまだ感想です。
ネタバレしていますのでご注意を。

出版社講談社
シリーズ名少年マガジンコミックス
著者日向 武史
発売日2006/6/16



脳内ゲストは花園千秋さんです。


あひるの空 Vol.9 花園 千秋(はなぞのちあき)

 九頭龍高校の2年生。バスケ部所属。
 百春の双子の兄。
 天才肌のチームの司令塔。




 (C)日向武史





やまだ:よろしくお願いします。

千秋:ふむ。

やまだ:熱い展開だった11巻から一転、涙の12巻となりました。

千秋:んー・・・・

やまだ:バスケ部の問題も重要な部分でしょうが、空さんと由夏さんの最期の会話には
     本当に泣かされました。
     今年読んだ作品の中で1番重い「ごめん」と「ありがとう」だと感じました。

千秋:うーむ・・・・

やまだ:・・・・千秋さん、聞いてます?

千秋:んー・・・・ん?

やまだ:クズ高、負けてしまいましたね。

千秋:そうか。

やまだ:千秋さん・・・・?

千秋:あ、ナオちゃーん(*´д`*)ノ

やまだ:・・・・・・・・・・・・・・・
     では今回はこの辺で。
     ご清聴ありがとうございました。




あひるの空 (12)あひるの空 (12)
日向 武史

講談社 2006-06-16

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【Amazon.co.jp】あひるの空 コミックス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/320-01c0a89d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。