新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます、管理人のやまだです。

今回は「スクールランブル 12巻」の感想をお送りします。
ネタバレしていますのでご注意を。

出版社講談社
シリーズ名少年マガジンコミックス
著者小林 尽
発売日2006/4/17



脳内ゲストは高野晶さんです。


スクールランブル : 高野晶 高野 晶(たかのあきら)

 発言が少なくその生態はつかみづらく、ヒミツの多い女だが、
 他人のヒミツには異常に詳しい。
 なぜか播磨の携帯番号まで知っていたりする。




 (C)小林尽/講談社





やまだ:よろしくお願いします。

高野:よろしく。

やまだ:では早速12巻のお話を。
     12巻程表紙と中身が一致していない巻はありません。
     中身はラブコメ全開の内容となっています。

高野:前半は妹さん編で後半が愛理編ね。

やまだ:やまだは播磨さんx沢近さんが1番好きなんですが、八雲さんも中々どうして。良いですね。

高野:あら、その二択しかないの?

やまだ:あ、主人公は天満さんでしたね。

高野:愛理と天満のカップリングが見たいの?

やまだ:は?
     いえ、そういう事では無くてですね・・・・
     まぁ見てみたい気もしますが・・・・そうでは無くて。

高野:それじゃ播磨君と花井君?

やまだ:・・・・・・・・・・は?

高野:男のくせに、なかなか良い趣味を持ってるわね。

やまだ:いえ、何を仰ってるのか分かりかねます。


※最近そういう同人誌を読んだからこんな記事になっているという訳ではありません。


高野:そう・・・・そんなものを読んだのね。

やまだ:・・・・・注釈にツッコミを入れないで下さい。
     では今回はこの辺でお開きとさせて頂きます。

高野:終わるのが早い気がするのだけど。
    まるで毎週定期的にマガジン感想を書くのは疲れるからと、本誌も購読しているのにも
    関わらずコミックスの感想のみにしたのはいいけど、コミックスだと発売日に大量の
    感想を書く必要が出て、それも面倒になったから力を入れて感想を書く作品と
    手を抜く作品を選別した結果のようね。


やまだ:・・・・・・・・・・・

高野:モチロン反論したければしてもいいわよ。

やまだ:いえ・・・・・

高野:私を呼ぶ時は、笑いの一つも取れるネタを考えておきなさい。

やまだ:・・・・・了解です。
     ではこの辺で。
     ご清聴ありがとうございました。




School Rumble Vol.12 (12)School Rumble Vol.12 (12)
小林 尽

講談社 2006-04-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「スクールランブル」コミックス
「スクールランブル」関連商品

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/216-acf53871
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。