新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます、管理人のやまだです。

今回は「NARUTO 巻ノ三十二」のやまだ感想です。
ネタバレしていますのでご注意を。

出版社集英社
シリーズ名ジャンプコミックス
著者岸本 斉史
発売日2006/4/4



脳内ゲストははたけカカシさんです。


NARUTO -ナルト- 3rd STAGE 2005 巻ノ四 はたけ カカシ

 「写輪眼のカカシ」として他の国までその名をとどろかす
 木ノ葉隠れの里の上忍。
 いつもひょうひょうとして、その内に秘める感情を表にあらわす
 ことは少ない。
 しかし、その実力は木ノ葉隠れの里の中でも屈指であり、
 忍術・体術・幻術等その総合能力の高さは折り紙つき。

 (C)岸本斉史/集英社





やまだ:よろしくお願いします。

カカシ:よろしくー。

やまだ:32巻感想の前に話しておきたい事があります。

カカシ:ん?

やまだ:前回の記事なんですが、桂さんをゲストにお招きしておいて「ヅラじゃない桂だ」の件を
     使わなかったのが・・・・
     桂さんがゲストの時にはそこを押そうとずっと考えていた筈なんですが、アニメでテンション
     がおかしくなっていたのか、すっかり忘れてしまっていました。

カカシ:そんなに気にすることでもないでしょ。

やまだ:いえ、桂さんと言えばやはりそのネタは外せません。
     これまで色々な作品のキャラをお招きして記事を書いてきましたが、やまだ的に前回の
     記事は他の記事とは比べ物にならない程の失敗でした。
     気付いたのはTBを送ったりした後だったので、削除する訳にもいかず・・・・

カカシ:その言い方だと送った相手にも失礼だよ。

やまだ:・・・・そうですね、失礼しました。
     今後はこの様なミスの無い様に細心の注意を払って記事を書いていきたいと思います。
     これはキャラの表現にという意味であって、内容は変わらず適当でいきますが。

カカシ:やまだくんはやる気があるのか無いのかわからないな。

やまだ:では「ナルト32巻」の感想に移ります。

カカシ:あ~その前にちょっといい?

やまだ:何でしょう?

カカシ:オレより適任が他にいるんじゃないの?
    32巻にはほとんど出てないよ、オレ。


やまだ:何を仰ってるんですか。
     その少ししか出ていない所が素晴らしいシーンだったじゃないですか。

カカシ:あまり思い出したくないシーンなんだけどねェ・・・・

やまだ:いえ、もうきっちりと爆笑させてもらいました。
     以前にも増してカカシさんのファンになってしまいましたよ。

カカシ:これは喜べばいいところなのかな?

やまだ:新キャラのサイさん、ヤマトさんが加わって新カカシ班が結成されましたが、
     サイさんの事は・・・・やまだは好きになれそうにありません。

カカシ:それ顔がいいから嫉妬してるだけでしょうよ。

やまだ:サスケさんの事は好きですよ?

カカシ:あ、そう。

やまだ:ヤマトさんはかなり良いですね。
     いい味出してます。

カカシ:まぁ彼に任せておけば問題ないでしょ。腕は立つから。

やまだ:それにしてもサクラさんはどんどん暴力キャラ一辺倒になっていきますね。
     サスケさんが居た頃はまだ女性らしさも見受けられましたが。

カカシ:サクラはあれでいいんじゃないの?
    らしいでしょ。
    でも一辺倒ってことはないよ。


やまだ:そうでしょうか。

カカシ:まぁ第一部の頃と比べてもねェ。結構時間が経ってるわけだし。
    ナルトもサクラも成長したってことでしょ。


やまだ:女性らしさが減退して凶暴化するのは成長と言うんでしょうか・・・・
     成長と言えば、シノさん・キバさん・ヒナタさん・シカマルさん・チョウジさん・いのさんも
     登場しましたが、それぞれ少し雰囲気が変わっていましたね。
     やまだ的にはシノさんがツボでした。

カカシ:あの子たちも成長したってことでしょ。

やまだ:ガイさんとリーさんは相変わらずみたいですが。

カカシ:・・・・あの師弟コンビは多分一生変わらないよ・・・・

やまだ:さて先程お話したヤマトさんやサイさんにも関係する事ですが、ダンゾウさんが絡む所等
     32巻は政治ですね。

カカシ:まぁ色々あるってことだ。
    世の中そう単純なものではないよ。


やまだ:取り合えずナルトさんは何をビビッてるんですかちゃんと覗いて下さい、と言いたいですね。

カカシ:また急に飛んだな・・・・
    政治から色香?


やまだ:では今回はこの辺でお開きとさせて頂きます。

カカシ:ん~、「ヅラじゃない桂だ」だっけ?
    そんな些細なところに拘る割に、この記事は随分と手抜きしてるように感じるんだけどね。


やまだ:ええ、手抜きしていますから。

カカシ:ん?

やまだ:やまだが拘っているのはキャラ像を壊さない様にという点のみです。
     他は気分で適当に。

カカシ:本当にやる気があるのか無いのかわからないな。

やまだ:それでは。
     ご清聴ありがとうございました。



NARUTO 巻ノ32 (32)NARUTO 巻ノ32 (32)
岸本 斉史

集英社 2006-04-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
「NARUTO」コミックス
「NARUTO」関連商品

コメント
この記事へのコメント
集英社や、やまだ感想などとどろかす
はなこが、やまだ感想とかはたけ
屈指や、葉隠れとかを発売したかも。


2006/04/06(木) 20:18 | URL | BlogPetのはなこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/193-8a3b91b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。