新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、管理人のやまだです。

今回は「さよなら絶望先生 第三集」のやまだ感想です。
ネタバレしていますのでご注意を。

出版社講談社
シリーズ名マガジンコミックス
著者久米田 康治
発売日2006/3/17


脳内ゲストは日塔奈美さんです。


さよなら絶望先生 特装版3 日塔 奈美(ひとうなみ) (画像右下)

 2年へ組在籍の普通少女。
 他人に特別扱いされたがるクセがある。





 (C)2006 久米田康治





やまだ:よろしくお願いします。

奈美:やったー!
    3巻では何気に出番が多かったから私を呼んでくれたんですね?(^^)


やまだ:まだキャラが定まってない感があって難しいんですよ。
     第一集と第三集を読み比べるとキャラどころか路線も微妙に違ってますし。
     どの辺に合わせればいいのやら。

奈美:私を呼んでくれてありがとうって言っただけなんですけど・・・・

やまだ:ええ、分かってますよ。
     ですから、メインどころの方が本当は良いんですが、書くのが難しいので普通に変化に
     乏しくて書き易いので奈美さんにお越し頂いた訳だという事を説明したかったんです。

奈美:普通って言うなぁあ!(|||`□´)

やまだ:さて今回は「さよなら絶望先生」の第三集についてのお話となる訳なんですが、
     第二集の記事があまりにもあまりな内容だったので、少しは見られるものにする
     予定だったんです。

奈美:予定?
    そうすればいいじゃないですか。


やまだ:予定は未定という事で。
     このブログの紹介文や各記事中でも幾度と無く言ってきましたが、やまだは読者様の
     お役に立つ様なものを書こうというつもりはさらさらありません。

奈美:そんな読者の人に不快感を与えるような言い方しなくても・・・・(-_-|||)

やまだ:という訳で、今回は絶望先生を見習って最低限文化的な記事にします。

奈美:・・・・・・・・・
    そんな部分で影響受けなくても(-_-|||)


やまだ:「さよなら絶望先生」の第三集を読みました。
     ざらざらしていました。
     キモイだめしはキモイと思いました。
     久藤くんは凄いと思いました。
     下見は大事だと思いました。
     神輿に乗ってみたいと思いました。
     僕は間違いが一杯あります。
     交くんと絶望先生は似てると思いました。
     僕も冬眠してみたいと思いました。
     鍋は好きです。
     面白かったので、また読みたいなと思いました。

奈美:作文?(-_-|||)

やまだ:最低限文化的な記事ですよ。
     ちなみにここでは基準としてブログ名を出したりはしませんよ?
     そんな恐ろしい事やまだには出来ませんので。

奈美:出さなくていいです。聞いてませんから(-_-|||)

やまだ:えー今回は奈美さんの他にもう一方お呼びしています。

奈美:そうなんですか?

やまだ:それではどうぞ。


















天下り:私が来たからもう安心。

やまだ:スペシャルゲストの天下り様です。

奈美:(-_-|||)

やまだ:奈美さん、失礼の無いようにお願いしますよ。

奈美:ブログで天下りって一体何ですか!?(-_-|||)

やまだ:軌道修正させたければ、もっとやまだの心に響く言葉で言って下さい。
     そんな普通のツッコミでは天下り様はお帰りにはなりませんよ?

奈美:普通って言うなぁあ!(|||`□´)
    ・・・・・・・・わかりました。
    そうゆうつもりで言ったんじゃないんですけど、そう仰るんでしたら私が軌道修正する気を
    起こさせてあげます。


やまだ:どうぞ。

奈美:天下り様をゲストにとか遊んでないで真面目に記事を書きましょう。
    そうして真面目に書き続けていれば、いつかきっと報われる日がきますよ!


天下り:普通。

奈美:アンタが言うなぁあ!(|||`□´)

やまだ:可符香さんっぽいですけど、言ってる事が普通でさっぱり響いてきません。

奈美:普通って言うなぁあ!(|||`□´)

天下り:提案がある。

やまだ:何でしょう?

天下り:ブログ全体の配色をもっとカラフルにしてみてはどうだろうか。

やまだ:いいですね。

奈美:さっきまで先生の位置で進めてた筈が、何でここに来て手の平を反すように・・・・(-_-|||)

やまだ:やまだは巻かれながら生きてきた人間なんです。

奈美:青色ベースのテンプレートにこだわりとかないんですか!?
    借り物とはいえ原型を留めていないほどカスタマイズしてますよね?


天下り:きっとアクセス倍増間違いないぞ?
     私には長年の経験とカンがあるからね!


やまだ:天下り様もこう仰ってますし。

天下り:うむ、私に任せたまえ。

やまだ:ではテンプレートもいじらないとで忙しいので今回はこの辺で。

奈美:こんなんでいいのかなー・・・・

やまだ:ご清聴ありがとうございました。




紙じゃないマジブログ


<前文>
今回も当たり前の様にパクッた。──パクリ芸は楽です。自分でネタを考える訳では無いので脳の疲労の度合いは少ないし、ネタが尽きるという事もありません。非人道的ですがやはり楽です。

<普通>
奈美さんをゲストに招いてみました。書いていて「奈美」だと誰だか分からなそうだったので、不自然な程に「普通」ネタを盛り込んでみました。失敗でした。──口調も当然パクッた。

<文化>
「作文?」の一言がやりたかっただけで書きました。でも書いてみて気付きました。普段の記事と大差ないと。文才など毛ほども無いのにやるべきではありませんでした。──第二十三話からパクッた。

<天下り>
何時も通り見切り発車的に登場だけさせてから記事を考えました。面白い流れを思いつけなかったのでテンプレートを変えるという荒業で誤魔化すことに。作業が増えて面倒なだけです。失敗でした。──第二十五話からパクッた。
※4/1追記:テンプレは元に戻しました。

<開けないでよ>
「開けないでよ」をおかずにご飯を食べました。本文の方でこの話をして奈美さんに突っ込んでもらおうかとも考えましたが止めました。でもどうしても言いたくてここに書く事にしました。でも書いてみて軽い自己嫌悪に。でも消しません。こういう人間ですから。──前回の記事も今回の記事も感想では無くあらすじになっている。

<近況>
今回の記事とはまったく関係のない話ですが、やまだの近況を。「FF FF」と騒いでいたらリアフレがFF12を買いました。嬉しかったです。楽しいFFトーク等にも花が咲きました。一昨日「クリアしたよ。結構面白かったね。」という内容のメールが来ました。こちらはまだクリアしていません。凹みました。




さよなら絶望先生 3 (3)さよなら絶望先生 3 (3)
久米田 康治

講談社 2006-03-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「さよなら絶望先生」コミックス

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/175-58cb6a42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。