新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、管理人のやまだです。

「レベルE」の話をすると言っていましたが、結局「ハンターxハンター」の新刊の方が先に出てしまいました。
という事で、今回は「HUNTERxHUNTER 23巻」のやまだ感想をお送りします。

出版社集英社
シリーズ名ジャンプコミックス
著者冨樫義博
発売日2006/3/3



脳内ゲストはキルア=ゾルディックさんです。


ハンターxハンター(4)DVD キルア=ゾルディック

 主人公ゴンの友達。
 やりたいことを見つけるため、ゴンと共に旅を続ける。







 (C)集英社/冨樫義博 2006





やまだ:よろしくお願いします。

キルア:ん、よろしく。

やまだ:キメラ=アント編に入って以来“殺し”に関しての描画が直接的になっていましたが、
     23巻でも相変わらずでしたね。
     やまだはWJ本誌の方での「ハンターxハンター」は意図的に読み飛ばしているコミックス派
     なので、元からなのかコミックス化する際に修正したのか分かりませんが、キルアさんが
     相手の首をねじ切るシーン等のトーンやベタでモザイクの様に強引に消す手法には少し
     興醒めでした。

キルア:殺しってのはああいうモンなんだから、隠すことないと思うんだけどなー。

やまだ:JCの限界点を越えたんでしょうかね。
     冨樫義博氏の場合、絵だけでは無く擬音も少年誌らしくない生々しいものを使用してますし。
     「ズリュ」「パギョ」などの。

キルア:んー・・・・

やまだ:まぁ些細な事なのでそこまでは気にしていないんですけどね。
     それよりも気になったのはイカルゴさんです。

キルア:ん?アイツがどうかした?

やまだ:いえ、タコって・・・・・・まんまタコじゃないですか。タコを元に・・・・という訳でもなく。
     手抜きの極致を見た気がします。

キルア:・・・・・イイじゃん、ああいうキャラが居てもさ・・・・・

やまだ:そう言えばイカルゴさんを相手にした時のキルアさんは何時もと違いましたね。
     敵と認識した相手を助けたりして・・・・

キルア:・・・・・別にいいだろ・・・・・

やまだ:照れてます?

キルア:バッ・・・・・・て、照れてねーよ!!Σ(゚д゚*)

やまだ:いいですね、そのリアクション。
     これでショタ属性をお持ちの女性読者様を2人程ゲット出来たでしょうか。

キルア:よくわかんないんだけどさ・・・

やまだ:何です?

キルア:その読者は、まずこの記事を読むのか?

やまだ:・・・・・・・・・・・・・・・・

キルア:どうした?・・・・・・・・・? おーい。

やまだ:さて次はVSオロソ兄妹戦についてです。

キルア:あ?

やまだ:ダーツですね。

キルア:? うん、ダーツだな。

やまだ:ええ、ダーツですね。

キルア:何が言いたいんだよ?

やまだ:いえ、やまだは「ぎゅわんぶらあ自己中心派」を読んで興味を持ち麻雀にハマり、
     「月下の棋士」で将棋にハマり、「ヒカルの碁」で囲碁にハマった人間なんですが、
     この23巻を読んで、ダーツにも少し興味が沸いてきたというか・・・・

キルア:お前節操なさすぎ・・・・

やまだ:いいじゃないですか。
     多趣味だと人生楽しいですよ?
     そういう意味では王には共感を覚えますね。

キルア:・・・・知能の発達・・・・・・いや、知識の吸収か・・・・?
     恐ろしく早いな・・・・・


やまだ:えー今回はこの辺でお開きとさせて頂きたく・・・・・・

キルア:どした?

やまだ:記事を軽く読み返してみると、否定的とも取れる意見が目立つかなと思いまして。

キルア:ん・・・・・そう言われてみればそうだな。
     つまんなかったのか、23巻?


やまだ:そんな事はありません。寧ろ面白かったですよ。
     最も「ハンターxハンター」で1番面白いと感じるのは何巻か、と訊かれても23巻は
     挙げませんが。

キルア:ふーん・・・・

やまだ:まぁ愛があればこそ出た意見だと思って下さい。
     という事でこの辺で。
     ご清聴ありがとうございました。



4088738829HUNTER×HUNTER NO.23 (23)
冨樫 義博
集英社 2006-03-03

by G-Tools

冨樫義博作品

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
ようやくハンターの新巻出ましたね
今回は前回ほど目新しい修正箇所はなかったと思います
といってもほぼ全部加筆(ry

それにしてもイカルゴ、彼の能力があの銃の人の能力とごっちゃになっててわかりにくいです

しかし表紙が・・・表紙のインパクトがあらゆる意味で強すぎますね
まさか白黒でくるとは思いませんでした
本屋で浮いてましたよ完全に

追伸:ご迷惑でなければリンク貼らせて頂いてもよろしいでしょうか
2006/03/04(土) 20:54 | URL | カムニル #-[ 編集]
カムニルさんコメント&TBありがとうございます
以前は加筆修正は冨樫陣営の味だ、という風に考えて本誌とコミックスの違いを探したりもして楽しんでいたのですが、何時だったかまぶたから黒目がはみ出してる絵を見て以来コミックスのみ派となってしまいました。
表紙は・・・・もう・・・・笑いましょう。
笑うしか・・・・・・

>追伸

迷惑だなんてとんでもないです。
ありがとうございます。
2006/03/04(土) 21:42 | URL | やまだ #PKotaMUI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/149-0978c79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
以前ジャンプでスティール・ボール・ランが連載されていました場違いだったのかウルトラジャンプに移りました最初は少し不安でしたがここのところ面白さが最高潮先日、スティールボールランの7巻が発売されました是非今のうちに集めるのをおすすめします冨樫先生...
2006/03/04(土) 20:31:00 | カムニルの倉庫
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。