新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、管理人のやまだです。

今回は「バガボンド 22巻」のやまだ感想をお送りします。
ネタバレしていますのでご注意を。

出版社講談社
シリーズ名モーニングKC
著者井上雄彦
発売日2006/2/23
【原作:吉川英治「宮本武蔵」】


脳内ゲストは宮本武蔵さんです。


バガボンド (22) 宮本 武蔵(みやもとむさし)

 本作の主人公。
 本名は新免武蔵。
 父は剣豪新免無二齊。
 悪鬼と周囲に恐れられる幼少時代を過ごす。
 剣を頼りにするようになった武蔵は天下無双を目指し出す。



 (C)2006 I.T.Planning,Inc./Fumiko Yoshikawa





やまだ:よろしくお願いします。

武蔵:ウム・・・・・んー・・・・・

やまだ:どうしました?

武蔵:うぬん?・・・・・んーむ・・・・・・・・どうも俺は場違いな気が・・・・

やまだ:そんな事はありませんよ。
     ひたすら人を斬り続けるのと二次元美少女に萌え続けるのとにそう違いはないですよ。

武蔵:もえ?

やまだ:いえ、やはり気にしないで下さい。
     やまだ自身何が言いたいのかよく分かりません。

武蔵:ム?

やまだ:21巻巻末の22巻予告ページに“清十郎散る!!”とありましたが、22巻で清十郎さんとの
     決着がつきましたね。

武蔵:ん・・・・・・

やまだ:バガボンドは実際に斬ったのか斬ったイメージなのか、実際に斬られたのか斬られた
     イメージなのか、読み進めないと分からないという描き方なので、21巻ラストの
     清十郎さんが斬られているコマだけでは判断出来なかったんですが、あれは実際の
     絵だったんですね。

武蔵:そう・・・・・なんだろう。
    清十郎は死んだ。俺が斬ったんだろう。
    どうやって斬ったのかは思い出せねえが・・・・


やまだ:清十郎さんは綺麗な顔立ちだっただけに、これまでのバガボンドで描かれてきたどの亡骸
     よりも凄惨に感じてしまいました。

武蔵:人間死ねば皆同じだ。そこに差など無いだろう。

やまだ:しかし、試合った後のこけそうになる武蔵さんには笑わせて貰いました。
     これだけ血生臭いストーリーで思わず笑わされるというのは、さすが井上雄彦氏という
     感じですね。
     この辺の緩急のつけ方は凄いです。

武蔵:ム。疲れてたんだよ。

やまだ:では今回はこの辺で。
     ご清聴ありがとうございました。



4063724972バガボンド 22 (22)
井上 雄彦 吉川 英治
講談社 2006-02-23

by G-Tools

井上雄彦作品

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
TBさせてもらいました。
本当に武蔵が喋ってたら、こんな感じのようで、拝読していて、楽しかったです。
「ム」
というのが、ラブリーです!
2006/03/03(金) 08:25 | URL | U2 #-[ 編集]
U2さんコメント&TBありがとうございます
初めまして。
こちらからもTB送らせて頂きました。
「ム」・・・・・・
「む」とどちらにするかで30分程迷ったというのは内緒です(ぉ
2006/03/03(金) 09:15 | URL | やまだ #PKotaMUI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cstarou.blog37.fc2.com/tb.php/140-13fe1ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
読みましたか!?いやー面白い! 最新刊、読みました。いやーいよいよ武蔵と小次郎が近づいてきましたね。 ところで、22巻になってやっと気付いたんですけど、
2006/03/01(水) 07:30:59 | ブログで音楽を流す方法
ああ、毎週モーニングで掲載されている、バガボンド感想が書けずに、本当に申し訳ないっ!近日中には、なんとかしたいです。22巻、発売日にさっそく買って来ました。ちょっと確認してないのですが、モーニング掲載分より、加筆されたような……?確認済みなのが、♯193「京
2006/03/03(金) 08:23:46 | バガボンド・ブログ(漫画、ドラマの感想)
 「天才バカボン」みたいで、言い憎いし奇妙なタイトルである。外国語で『漂流』というような意味らしい。 原典は吉川英二の『宮本武蔵』であり、吉岡道場へ辿りつく迄は、ほゞ原作に忠実だったが、その後かなり独自のアレンジを加えているようだ。 バガボンド 22 (2
2006/03/08(水) 21:34:36 | ケントのたそがれ劇場
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。