新旧のゲームや漫画(ギャルゲー・ジャンプ・ネギま・ハヤテメイン)の役に立たない日記風味のレビューや感想、攻略情報、新作紹介など。痛さ注意

2002/011234567891011121314151617181920212223242526272829302005/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、管理人のやまだです。

今回は、SQUARE ENIXより1999/2/11にPS版として発売され、2000/3/23にエレクトロニック・アーツよりWin版として移植されたファイナルファンタジーVIIIについてお話します。

脳内ゲストはワッツさんです。


ワッツ
本作のサブキャラその1。
反政府組織「森のフクロウ」のメンバー。
情報収集が得意だが軽くドジ。
©1999,2000,2002 SQUARE

攻略サイト(※リンクチェックは致しませんので悪しからず)
[FINAL FANTASY VIII]の続きを読む
スポンサーサイト
こんにちは、管理人のやまだです。

今回は11/28(月)発売の週間少年ジャンプNo52のやまだ的感想をお送りします。

脳内ゲストは神楽さんです。



銀魂 (3) 神楽(かぐら)

 「銀魂」の登場キャラ。
 「夜兎族」の生き残り。
 取り合えず酢昆布があればOKな人。


 (C)空知英秋


ネタバレしてますので、大丈夫な方は続きをどうぞ。
こんにちは、管理人のやまだです。

今回は、ねこねこソフトより2004/7/30にPC版18禁として発売され、2005/8/25にインターチャネルよりPS2版として移植されたラムネについてお話します。

脳内ゲストは仲里ひかりさんです。


ラムネ Vol.2 仲里ひかり(なかざとひかり) (画像右) CV:友永朱音

 毎年夏になると主人公の町にやって来るいとこ。
 味覚がおかしく、異様な激辛、激甘好き。

 (C)2005 ねこねこソフト/Interchannel,Ltd./HuneX


攻略サイト(※リンクチェックは致しませんので悪しからず)
こんにちは、管理人のやまだです。

このブログを開設して1週間ほど経ちました。

ブログという物に関しての知識がほぼ0の状態でのスタートだったので、ブログランキングサイトという物も、このサイトを開設してから初めて知りました。
そして、取りあえず初心者向けにブログの解説をしているサイトさん等を参考にさせて頂いて、いくつかのブログランキングに登録しました。

今回は、どういう仕組みでどういう風に利用するものなのか概ね理解出来てきたので、このサイトが今何位なのか気になったのもあり調べてみましたので、その結果報告などしてみたいと思います。


脳内ゲストは坂田銀時さんです。


やまだ:よろしくお願いします。

銀時:アレ?こんな話で何で俺??

やまだ:次の月曜日に少年ジャンプの感想でもお話しようと思って、坂田さんをお呼びする準備が
     すでに出来てたので。

銀時:オイオイ、じゃ月曜でいいじゃねーかよ。

やまだ:ランキングの事でも、と思いついてしまったので。
     という事でランキングのお話を。

銀時:待て待て待て。っていうか、キャラ紹介は?銀さんっていうのはこんな人だよーってあるだろ?

やまだ:やまだは今相当眠くて、画像や文章どの程度使っていいか調べるの面倒なんで割愛という
     事で。

銀時:いやいや、割愛しちゃ駄目だって。

やまだ:それでは・・・・・ジャンプで銀魂で何か白い人です。

銀時:いやいやいや。合ってるけど間違ってるよ?
    もっとこう、あるだろほら、ね?


やまだ:ではランキングの話をさせて頂きます。

銀時:いやいやいや。っていうか、この文字色も見にくいし、もう突っ込みどころ満載な感じに
    なってるぞ?


やまだ:やまだが現在参加しているブログランキングサイトは5つです。
     その内の1つの週間ブログ王は順位がよく分からなかったので、後の4つの結果報告を
     したいと思います。

銀時:俺を突っ込ませたら大したもんだよ。って小力風に言いたくなるぞ?

やまだ:まず人気blogランキングは、プレイステーションで週間IN:40週間OUT:65で60位。
     漫画・アニメで週間IN:32週間OUT:52で394位。
     その他と総合はランク外でした。

銀時:えーっと・・・・これが噂の放置プレイってヤツか?

やまだ:次にブログリンク&人気ランキングですが、趣味・スポーツで月間IN:8月間OUT:3で22位。
     総合で251位でした。

銀時:駄目だ・・・・俺じゃコイツに太刀打ちできねー・・・・・

やまだ:続いてはブログランキング にほんブログ村ですが、漫画・アニメで週間IN:18週間OUT:54で
     96位。
     ゲームで週間IN:42週間OUT:119で33位。
     総合で週間IN:60週間OUT:170で2383位でした。

銀時:俺にもっと突っ込みの才能があれば・・・・・・・・・・こんな事ならバカにしてねーで俺も眼鏡
    かけとくんだったorz


やまだ:最後はranQです。
     ゲーム>全般で週間IN:4週間OUT:4で28位。総合はランク外でした。

銀時:あ、終わった・・・・・?

やまだ:ちなみに、これは1:30の時点でのランクなんですが、今(3:40)リンクちゃんと貼れてるか
     の確認で1回飛んだら、もう順位変わってました。

銀時:意味ねーじゃん・・・・・( ´_ゝ`)

やまだ:なので、大体このくらい、程度に聞いて下さい。

銀時:ランキングなんかコロコロ変わるもんだって事だな。

やまだ:そうみたいですね。

銀時:お!反応した!!

やまだ:では報告は以上ですので、お開きとさせて頂きます。

銀時:オイ、俺は何で呼ばれたの?

やまだ:ちなみに今回ランキングの事をお話しましたが、定期的にする訳ではありませんので。

銀時:オイ、俺が居た意味はあったの?
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・聞いてる?


やまだ:ご清聴ありがとうございました。

こんにちは、管理人のやまだです。

今回は、2004/1/30にNavelよりWin版18禁として発売され、2005/10/20に角川書店よりPS2版として移植されたシャッフル!オン・ザ・ステージについてのお話です。

脳内ゲストは芙蓉楓さんです。


SHUFFLE! ドラマシリーズ FILE.03 芙蓉楓 芙蓉楓(ふようかえで) CV:後藤邑子

 本作ヒロインの1人。
 主人公土見稟の幼馴染でクラスメイトで同居人。
 容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群な学園のアイドル。
 稟の事にはよく気が付くが、自分の事となるとドジになる。

 (C)Omegavision,Inc.
 (C)角川書店


攻略サイト(※リンクチェックは致しませんので悪しからず)
こんにちは。管理人のやまだです。

今回はヤングジャンプコミックスリアル 5巻についてお話させて頂きます。

脳内ゲストは野宮朋美さんです。


リアル(5)野宮朋美(のみやともみ)

不良高校生時代に起こしたバイク事故が原因で高校を中退したバスケ大好き男。

(C)1999-2005 I.T.Planning,Inc.


人気ブログランキングへ
こんにちは、管理人のやまだです。

今回はメディアワークスより2001/3/8に1作目、2003/3/20に2作目が発売されたプレイステーション版シスタープリンセスについてお話させて頂きます。
なお、この2作品にはファンディスクの事は含まれていません。

脳内ゲストは千影さんです。


シスター・プリンセス Re Pure Vol.7 千影
千影(ちかげ)   CV:川澄綾子
魔術等のオカルト関係が趣味のミステリアスな少女。

(C)2000 2003 天広直人・公野櫻子/Media Works Inc.・Stack


1&2攻略サイト(※リンクチェックは致しませんので悪しからず)





やまだ:よろしくお願いします。

千影:よろしく頼むよ、やまだくん。

やまだ:シスタープリンセスは電撃G'sマガジンの読者参加企画から始まったんですよね。

千影:そうだよ。・・・・でも、やまだくんは雑誌は読んでなかったね。

やまだ:はい。やまだはゲーム版しか知りません。

千影:うん・・・それで、どうだったんだい?楽しめたかい・・・?

やまだ:やまだは恋愛ADVというジャンルは結構好きでよくやりますが、シスタープリンセスはかなり
     恥ずかしかったです。

千影:・・・・誰かに知られるのがかい?

やまだ:いえ、ゲームの内容に照れて、という意味です。

千影:なるほど・・・・

やまだ:12人も妹がいて全員に凄く好かれている、なんていう状況で進行するゲーム
     ですから。人によっては激しい拒否反応を起こすでしょうね。
     やまだは照れながらも最後までプレイしましたが。

千影:兄くんに魅力があるからさ。

やまだ:システムについてですが、1と2では2の方が多少は使い勝手がよくなっていますが、
     それほど違いは無いので、まとめてお話します。

千影:ふ・・・・照れたと言いながら、2も買ったんだね、やまだくんは・・・・

やまだ:ええ。千影さんなど素敵なキャラばかりでしたから。

千影:・・・・駄目だよ。・・・・・私のものになれるのは兄くんだけさ・・・・

やまだ:なるほど。ではシステムのお話を。

千影:ああ・・・

やまだ:このゲームは場所移動と選択肢を選ぶオーソドックスなタイプのAVGで、ただクリアする
     だけ
なら選択肢の難易度も高くないので簡単です。
     ですが、12人全員に、血縁エンドと非血縁エンドというものがあり、両方見ようと思うと中々
     骨が折れます。

千影:要は、恋人として過ごしたいのか仲のいい兄妹として過ごしたいのか、という事だね。
    実は血が繋がっていなかった・・・・・・よくある話さ。


やまだ:2つの違いは、エンディングが少しだけ違う、というだけのものではなく、エンディングに至る
     までの過程の段階のシナリオも多少違い、CGも別の物が用意されています。

千影:・・・・家に泊まる日のイベントなどだね。

やまだ:そうですね。お風呂に入る時に、一緒に入ろうという流れになるか、恥ずかしがるか、という
     様に分岐します。
     ちなみに、兄妹ではありますが、12人はそれぞれ別の家に引き取られているので、一緒に
     住んでいるわけではありません。

千影:・・・・やまだくんは、私の非血縁エンドがお気に入りの様だったね・・・

やまだ:取りあえず簡単にでしたが、システムのお話は以上です。

千影:・・・・・・・・・・・・・

やまだ:今プレイすると、PS2等のゲームと比較してしまって、レスポンスの悪さなどが目に付いて
     しまうかもしれませんが、画質などはPSの中でもいい方ですし、それなりに楽しめる
     でしょう。
     ストーリー等の内容に関しては人を選ぶゲームだと思いますが。

千影:ふ・・・・・

やまだ:次にシナリオについてですが、1では妹達それぞれの紹介の様な物語が展開されます。
     例えば花穂さんでいえば、【チアリーディングをやっているドジな子】という事が分かる、
     チアリーディングに関する葛藤などがメインで語られる、という具合です。

千影:雑誌やアニメの情報を知らなくても、問題の無い内容にはなっているね・・・・

やまだ:オープニングの妹達との対面のシーンで脱落する方もいるでしょうが、そこを乗り切れる方
     にはかなりお得なゲームだと思います。
     12人分もの、それも前述の様な各自2パターンづつのシナリオがあるので、やり込もうとする
     とADVらしからぬ膨大な時間が掛かる程のボリュームがあります。

千影:・・・・さすがに1でも2でも全員のエンディングを見たやまだくんが言うと実感がこもってる
    ね・・・・


やまだ:では2の方ですが、1と同一のキャラが登場し、1と同様全員のエンディングが用意されて
     いますが、2で1番の見所はメインストーリーではありません。

千影:ふふ・・・・やまだくんが何を言いたいのか分かっているよ・・・・・




やまだ:1番の見所は、水着セレクトです。

千影:・・・・・やはりね (微笑)

やまだ:2は夏のお話で、みんなで泳ぎに行くというシナリオがあるのですが、プレイヤーが3種類の
     水着から1つを選択すると、それが立ち絵・CGに反映されるのです。

千影:・・・やまだくんは、すっかりシスタープリンセスの世界にはまってしまったんだね・・・・

やまだ:確かにそうです。今回は触れていませんが、ファンディスクなどもプレイしましたし。

千影:・・・・のめり込むか敬遠するかの2択のゲームという訳だね・・・・
    月と太陽、悪魔と天使・・・・・裏があるから表があるんだよ・・・・恥じる事ではないさ。


やまだ:恥じてはいませんよ?恥だと思うなら、ここで発表したりしませんし。

千影:ふ・・・・これはやられたね・・・(苦笑)

やまだ:では、今回はこの辺で。

     ご清聴ありがとうございました。



B000070G2Aシスター・プリンセス PS one Books

メディアワークス 2002-12-12
売り上げランキング : 1,343
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


B0001AE39Sシスター・プリンセス2 PS one Books

メディアワークス 2004-03-18
売り上げランキング : 1,279
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



シスタープリンセス関連商品は「続きを読む」からどうぞ。
こんにちは。管理人のやまだです。

今回はコナミより2005/9/22に発売されたラプソディアについてお話させて頂きます。

脳内ゲストはアンダルクさんです。


アンダルク   CV:木内秀信
本作メインキャラの1人。
主人公キリルと、その父ウォルターの従者を務める生真面目な青年。
(C)2005 KONAMI

攻略サイト(※リンクチェックは致しませんので悪しからず)
こんにちは。管理人のやまだです。

今回はサンソフトより2002/3/28にPC版、2002/12/19にPS2版として発売されたトマックについてお話させて頂きたいと思います。

脳内ゲストはエビアンさんです。


エビアン    CV:榎本温子
本作のメインヒロイン。というか、『トマック』=『エビアン』と考えて問題ないです。
人類を救うため「トマック」となって地上に降り立った愛の女神。
(C)2001 SEED9 ENTERTAINMENT, inc.(C)2002 SUNSOFT

攻略サイト(※リンクチェックは致しませんので悪しからず)
こんにちは。管理人のやまだです。

第一回である今回は、やまだのメモリーズオフ#5のプレイを終えての感想をお伝えしたいと思います。
脳内ゲストは日名あすかさんです。


メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム ~distance~   ファミ通文庫 日名あすか(ひなあすか)   CV:野川さくら

 本作ヒロインの1人。
 明るく健気でノリがいいが、少し子悪魔っぽいところがある。





 (C)2005 KID


攻略サイト(※リンクチェックは致しませんので悪しからず)
blogoole pingサーバ bp-badge-white.gif 今ならRealArcadeで330以上のゲームが30日無料
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。